地域包括支援センター

地域包括支援センター

































高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心して生活できることを目指して設置された機関です。社協では、伊奈町から委託を受けて「伊奈町地域包括支援センター」を開設しています。看護師・社会福祉士・主任ケアマネジャーの3職種が相談に応じ、介護・福祉・医療・健康につなげるお手伝いをしています。

相談や悩みにお応えします

高齢者のみなさんやその家族、地域の方からの相談を受け、情報を提供したり他機関と協力して支援します。

たとえば…
  • 介護保険や福祉サービスについて知りたい
  • 家族の介護について相談したい
  • 近所に住んでいるお年寄りの元気がないので心配


介護や健康のことだけでなく生活全般についての相談に応じています。

高齢者の権利を守るための取り組み

成年後見制度の活用促進と啓発をすすめています。町福祉課と連携し、高齢者虐待の早期発見や対応、消費者被害の未然防止に努めています。

介護予防の支援

介護保険で要支援1・2に認定された方や、町の介護予防事業に参加する方のケアプラン作成や事業所等との連絡調整を行い、要介護状態にならないよう生活のしかた等について助言や支援をしています。

地域の連携・協力体制をすすめています

高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心して生活できるよう、ケアマネジャーを支援したり、地域のさまざまな機関と連携協力できる体制づくりをすすめています。

介護者の支援

介護の知識や方法を学び、在宅介護の理解を深めるとともに、介護に関する悩みを語り合い相互の交流を深めることによりリフレッシュを図れるよう、「介護者学習交流会」を実施しています。

  • 介護のしかた
  • 福祉用具や介護用品について
  • 介護施設の見学
  • 病気や制度の解説
  • 介護者の健康体操、ストレッチ など


よりよい介護をしていただくため、さまざまな内容を企画しています。

認知症についての理解をすすめています

認知症になっても安心して暮らせる地域をつくるため、認知症サポーターの養成講座を実施しています。要請に応じて地域に出向き、お話をします。

対象 町内に在住、在勤、在学、または町内で各種活動している人で構成される、おおむね10人以上のグループ(少人数の場合はご相談ください)
内容 認知症とは? (認知症の症状・診断・治療・予防、認知症の人への対応、家族の支援、私たちが地域でできることは? など)
時間 60分~90分

※認知症サポーターとは?
認知症を正しく理解し、認知症の方や家族を温かく見守る『応援者』です。なにか特別なことをする人ではありません。講座を受けて認知症サポーターとなられた方には、認知症の人を支援する目印として、オレンジリング(ブレスレット)をお渡しします。

問合せ:伊奈町地域包括支援センター TEL.048-720-5656

▲ Page Top