社協の紹介

会長あいさつ

 伊奈町は、埼玉県の中南部にあり都心から40kmの首都圏近郊地帯に位置しております。東は蓮田市、西は上尾市、北は桶川市に接し、面積14.79平方キロメートル、東北新幹線と上越新幹線の分岐点でもあります。今から400年ほど前に代官頭(のちの関東郡代)伊奈備前守忠次公がこの地に陣屋を構えたことが、町名の由来であります。

 新都市交通ニューシャトルの開通等により都市基盤整備が進み若い家族が集う活気あふれる町へと発展を続けています。また、田園地帯や梨・ぶどうなどの果樹園、自然林など緑豊かな自然も多く残っております。

 まだまだ若い方が多い町ですが、日常生活を送る中でさまざまな問題を抱えている方も増えてきております。こうした問題に対し、関係機関等と力を合わせ、伊奈町社会福祉協議会の基本構想である「だれもが安心して暮らせるまちづくり」の実現を目指してまいります。

 今後もみなさまの温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

平成28年6月1日

社会福祉法人伊奈町社会福祉協議会
会長 大島 清

▲ Page Top

伊奈町社会福祉協議会とは?

伊奈町社会福祉協議会(社協)は、平成2年3月22日に社会福祉法人として認可を受け設立しました。「だれもが安心して暮らせるまちづくり」を実現するために、住民やボランティア、福祉団体の方々など関係機関とともに地域福祉活動を中心にさまざまな活動を展開する福祉団体です。

社会福祉協議会は、社会福祉法に基づき、社会福祉の推進を図ることを目的に全国・都道府県・市区町村のそれぞれに組織されています。地域住民や社会福祉関係者等の参加・協力を得ながら活動することを特徴とし、民間としての「自主性」と、広く住民や社会福祉関係者に支えられる「公共性」という二つの側面を併せ持った組織です。

誰もが、個人として尊重されながら、住みなれた地域で安心して生活するために、社協は各種の福祉サービスや相談活動等を通じて、さまざまな場面で地域福祉の向上に努めています。さらに、住民のみなさんが互いに助け合い支えあいながら、いつまでも暮らすことができるまちをみなさんと一緒につくっていきます。

▲ Page Top

社協会員制度

私たちは常にしあわせな生活を望んでいます。しかしながら、しあわせな生活は一人の力では成り立ちません。社協では、住民の方々のさまざまな協力を得ながら、より良い地域社会をつくることを目指しています。

会員制度とは、会費というかたちで、社会福祉活動に参加していただく制度です。

会費の種別(年額)
一般会員 1口  500円
賛助会員 1口 1,000円
特別会員 1口 5,000円

みなさんから寄せられた会費は、地域福祉活動を進めていくために活用しております。
みなさんのあたたかいご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

▲ Page Top